包茎手術の費用や保険適用の有無・支払方法・安くする方法を徹底解説

包茎手術を受ける際に気になるのが施術料金です。

 

クリニックによって施術料金は異なりますが、大体20万円前後が相場になっています。

 

ペニスのブツブツ除去や亀頭増大などのオプションを付けると、さらに高額になります。

 

 

高額な施術料金を請求されないように、必要のない施術は断るようにしましょう。


 

 

 

 

包茎手術の大まかな費用(料金)相場を知ろう

包茎手術の相場を把握しよう!

 

包茎手術の方法は一つではありません。数種類の施術方法があり、それぞれの費用は異なります。

 

 

包茎の症状別の費用

まずは包茎の症状別の大まかな費用相場を見ていきましょう。

 

泌尿器科の病院 美容クリニック
真性包茎 3〜5万円程度(保険適用あり) 20万円程度(保険適用外)
カントン包茎 3〜5万円程度(保険適用あり) 20万円程度(保険適用外)
仮性包茎 × 10万円程度(保険適用外)

 

 

包茎の症状によって施術費用は異なります。

 

比較的症状が軽い仮性包茎の方が、真性包茎やカントン包茎よりも施術費用がリーズナブルです。

 

しかし真性包茎やカントン包茎の施術は医療診療と見做(みな)されるので、保険が適用されて結果的に安く済ませることが可能です。

 

 

保険が利くのは真性包茎とカントン包茎

全ての包茎手術で保険が適用されるわけではありません。

 

保険が利くのは真性包茎とカントン包茎だけです。仮性包茎の手術は保険適用外となります。

 

また、施術後の仕上がりを重視して、真性包茎やカントン包茎でも保険適用外の施術を選択する方も存在します。

 

保険を活用して包茎手術を受けたい場合は、病院の泌尿器科をおすすめします。

 

なぜなら、大半の美容クリニックは包茎手術に関する保険診療を受け付けていないためです。

 

 

美容クリニックでも保険診療は可能なのですが、包茎手術に関しては保険診療を受け付けていないクリニックが大半です。


 

 

 

各施術方法の費用相場をチェック

 

選択する施術方法によっても、費用(料金)は異なります。

 

病院やクリニックによって異なりますが、大まかな費用は下記のとおりです。

 

施術方法 料金(保険適用あり) 料金(保険適用なし)
環状切開術 3〜5万円程度 10万円程度
背面切開術 2万円程度 10万円程度
亀頭直下埋没法 - 10〜15万円程度
根部環状切除術 - 10〜15万円程度
埋没陰茎矯正術 - 10〜20万円程度
Vカット小帯温存法 - 5〜8万円程度(オプション料金)

 

環状切開術と背面切開術は保険適用となるので、泌尿器科の病院で手術を受ければ、3〜5万円程度で済みます。

 

しかし、同じ環状切開術と背面切開術であっても、美容クリニックで施術を受けると保険適用外となるため、10万円程度の費用がかかります。

 

 

仕上がりの良い施術方法は高額です

その他の亀頭直下埋没法や根部環状切除術は美容目的の施術に分類されるため、美容クリニックのみでの対応となり、費用も10万円以上かかります。

 

埋没陰茎矯正術は通常の包茎手術とは異なり、体内に埋没しているペニスを引き出す施術となるため、費用は10〜20万円と高額に設定されているケースが多いです。

 

 

Vカット小帯温存法はその他の包茎手術と組み合わせるオプションコースとして用意されています。


 

 

人気クリニックの仮性包茎の料金

包茎手術に定評があるクリニックで受けられる仮性包茎の施術料金は下記のとおりです。

 

クリニック名 施術料金
エーツー美容外科 50,000円
東京ノーストクリニック 70,000円(環状切除術)
ABCクリニック 50,000円(ABC式CSカット)、150,000円(ABC式Sカット)
皐月形成クリニック 49,000円(CC法)、150,000円(マイクロカット法)
上野クリニック 72,000円(ナイロン糸)、110,000円〜600,000円(美容治療)

 

単に包茎を治すだけでなくペニスの見栄え(仕上がり)を良くしたいと考えているなら、10万円以上の施術を選択して下さい。

 

高額な施術方法となりますが施術の質が高く、ツートンカラーやペリカン変形、包皮の切り過ぎ・余り過ぎなどのリスクを抑えられます。

 

 

 

オプション料金の相場

オプション料金の相場を把握しよう!

 

美容クリニックで実施している包茎手術にはオプションコースが用意されています。

 

オプションコースとは、ペニスの見栄えをよくするために用意されている施術のことです。

 

例えば、亀頭を大きくしたり、ペニスのブツブツを除去するなどの施術が挙げられます。

 

 

亀頭増大

思春期の頃に亀頭が包皮に覆われていると、亀頭が成長できなくて先細りの形になってしまうことが多いです。

 

そこで亀頭にヒアルロン酸やコラーゲン、アクアミドを注入して大きくして、ペニスの見栄えを良くすることが可能です。

 

また、カリ部分を大きくすることで包皮が被りにくくなるメリットもあります。

 

亀頭増大で使用する成分は1ccあたりで料金が設定されているケースが多いです。

 

 

ヒアルロン酸注入
クリニック名 施術料金
ABCクリニック 40,000円(1cc)
皐月形成クリニック 49,000円(1cc)
エーツー美容外科 50,000円(1cc)
東京ノーストクリニック 100,000円(1cc)
上野クリニック 120,000円(1本)

 

亀頭増大の施術は高額です。1ccだけでは不十分で3ccほど注入しなければ立派な亀頭が手に入らないため、包茎手術と合計すると100万円近くの出費になることもあります・・・(汗)

 

 

そのため、十分に検討してから施術を受けるか否かを決めるようにしましょう。


 

 

ブツブツ除去

ペニスに小さなブツブツやイボができている場合は、それらを取り除くことができます。

 

これらのブツブツができる要因はさまざまです。単なるイボやフォアダイスという脂肪の塊であるケースが多いです。

 

その他には尖圭コンジローマという性病の可能性もあります。

 

実際に確認しなければ分からないですが、これらのブツブツの除去を包茎手術と一緒に実施することができます。

 

一般的には電気メスを使用して、それらを焼却することで除去します。

 

包茎だけでなく、ペニスのブツブツが気になっているなら、一緒に除去することも検討しましょう。

 

ブツブツ除去の費用は大体2〜5万円くらいで実施してくれるクリニックが多いです。

 

例えば、上野クリニックでは5万円〜60万円の範囲でブツブツ除去の施術に対応してくれます。(※焼灼・除去する範囲・量・種類により金額は変わります)

 

 

 

ぼったくり(悪質業者)には気を付けよう

悪徳クリニックには注意して下さい!

 

美容クリニックの中には利用者のコンプレックスにつけ込んで、法外な料金をふっかけてくるクリニックも存在します。

 

ここでは具体的な例をいくつか紹介します。

 

事例1

 

公式サイトでは7〜10万円で包茎手術が受けられるというこでカウンセリングを受けたところ、安い手術は汚い仕上がりになると言われました。

 

そして最終的に高額な手術を勧められて合計80万円の契約を結ばされた。(2014年8月 20代男性)


 

 

事例2

 

6万円で包茎手術が受けられる広告を見て予約をしました。

 

カウンセリングを受けて手術台に乗る直前に美容医療の施術内容の説明を受けました。

 

何のことがよく分からないまま契約となり、60万円を支払うことになりました。(2016年1月 20代男性)


 

 

事例3

 

カウンセリングの際に効果が永久的に持続するヒアルロン酸を使用した亀頭増大を勧められました。

 

断るとローン会社を紹介すると言われて、180万円ほどの契約を結ばされました。(2015年1月 50代男性)


 

参考記事:美容医療サービスにみる包茎手術の問題点〜国民生活センター〜

 

このように包茎手術のトラブルとしては、基本的な包茎手術料金ではなく、亀頭増大や仕上がりの優れた施術を勧められて高額な契約を結ばされるケースが多いです。

 

 

医療機関への指導の徹底

包茎手術の施術費用におけるトラブル報告を受けて、医療機関の指導の徹底が行われています。

 

利用者が包茎手術に関してしっかりと理解した上で、納得して施術が受けられるように指導されています。

 

具体的にはインフォームドコンセントを徹底して、包茎手術のリスクや効果の個人差、施術費用、解約条件、保険診療の可否などを詳しく説明してもらえるようになりました。

 

そのため、以前と比較してぼったくりなどのトラブル報告は減少しています。

 

 

上野クリニックの対応

実際に包茎手術で有名な上野クリニックでは、消費者機構日本から「その広告の表示内容が景品表示法第4条1項2号に定める有利誤認表示に該当する」という要望を受けて、包茎治療に関する料金表示が改善されました。

 

包茎治療のオプションとして用意されている美容治療に関して、その必要性や効能、メリット・デメリット、リスクの有無・内容、ヒアルロン酸の有効(持続)期間等についても消費者にわかりやすく表示することを要請しました。

 

 

上野クリニックでは公式サイト内に指摘を受けたこれらの内容を詳しく掲載して、施術料金においても分かりやすく表示されるようになりました。


 

参考記事:これまでの是正申入れ等の状況〜消費者機構日本〜

 

 

 

支払方法は複数用意されています

包茎手術の支払方法

 

包茎手術の支払方法は、現金払いクレジット決済医療ローンなどの中から選択できます。

 

施術料金が高額になるケースが多いので、事前にまとまった金額を用意することができない場合は、クレジット決済や医療ローンを上手に活用しましょう。

 

クレジット決済

あなたが所有しているクレジットカードを使って、利用限度額の範囲内で決済をすることができます。

 

大半のクリニックでは国内で発行されているクレジットカードには対応しているので、カード決済ができないということはほとんどありません。

 

 

医療用ローンが利用できる

高額な包茎手術を受ける場合は医療用ローンの利用も検討して下さい。

 

あなたの身分と現住所を証明できる書類(運転免許証や健康保険証など)があれば、家族や職場にバレることなく契約することができます。

 

支払回数は20〜40回払いの中から選ぶことができます。

 

支払回数が増えると毎月の返済金額が少なくなるというメリットはありますが、その分金利負担が大きくなって、合計金額が増えてしまうデメリットがあります。

 

 

そのため、毎月の返済金額と、金利負担のバランスを考慮して、支払回数を設定するようにしましょう。


 

 

 

ぼったくりを防ぐ方法

ぼったくりを防ぐ方法をマスターしよう!

 

上述しているように、クリニックなどの医療機関に対する指導が行われているため、以前よりも包茎手術で高額な料金を請求されるケースは減少しています。

 

しかし、包茎手術でぼったくられる事例がゼロになったわけではありません。

 

ここではあなたが安心して包茎手術を受けるための心得を紹介します。

 

 

施術料金を明記しているクリニックから選ぶ

まず一つ目が公式サイト内において、包茎手術の料金をしっかりと明記しているクリニックの中からカウンセリングを受けるクリニックを選びましょう。

 

医療機関(クリニックなど)の公式サイトでは施術料金を明記するように指導されていますが、それでも施術料金を明記していないクリニックが存在します。

 

当然のことですが、利用者側は施術料金を明記してもらいたいと思っています。

 

施術料金が明記されていないクリニックは、利用者の立場になって運営されていないことを意味します。

 

 

安心して包茎手術を受けるために、公式サイト内に施術料金を明記しているクリニックから選ぶようにして下さい。


 

 

即日契約は慎重に

カウンセリングを受けたその日に契約をして施術を受ける方もいますが、あまりおすすめはしません。

 

自宅に帰って冷静に施術内容と費用を吟味してから、契約するかどうかを判断することをおすすめします。

 

逆にカウンセリング当日に契約を迫ってくるクリニックでは包茎手術を受けないようにしましょう。

 

包茎は症状が進行することがないので、緊急性はありません。(※カントン包茎は除く)

 

たとえ包茎手術を1週間延期したとしても症状は変わらないので、冷静になってゆっくり考えてから施術を受けるかどうかを決めて下さい。

 

 

施術(オプション)の追加は慎重に

包茎手術の費用が高額になる一番の原因がオプション施術です。

 

これは亀頭を大きくしたり、ペニスのブツブツを除去するなどの施術が該当します。

 

包茎を治療するだけでなく、ペニスの見栄えもよくしたいという気持ちは分かりますが、全ての要望を満たしてしまうと100万円近くの料金になるケースもあります。

 

そのため、オプションを利用する際は合計金額がいくらになるのかをしっかりと把握した上で判断しましょう。

 

事前に包茎手術で支払える金額を決めておくのも有効な方法です。

 

「設定した金額を上回った場合はオプションを付けない!」というルールを自分で決めておくと、必要以上の出費をして後悔することがなくなります。

 

 

複数のクリニックからカウンセリングを受けよう

最初にカウンセリングを受けたクリニックで包茎手術を受ける方が大半ですが、あまりおすすめはしません。

 

できれば複数(2〜3)のクリニックを比較して、その中からあなたの希望を満たしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

 

包茎手術が受けられるクリニックは一つだけはありません。大半のクリニックで対応しています。

 

複数のクリニックのカウンセリングを受けて、信頼できる医師なのか、施術料金は適正なのかなどをしっかりと吟味して下さい。

 

多くのクリニックでは無料でカウンセリングを受けることができます。

 

 

複数のクリニックでカウンセリングを受けることによって心に余裕ができるため、冷静に判断できるようになります。


 

 

 

ぼったくられてしまった場合の対処法

 

悪質なクリニックで包茎手術を受けて、高額な料金を請求されてしまった場合は、早めに消費生活センターに相談しましょう。

 

特に仮性包茎の施術は医学的な必要性がなく、緊急性もないという特性があります。

 

そのため、担当医師にはあなたが誤解している場合は、施術内容や料金設定を分かりやすく丁寧に説明する義務が生じます。

 

包茎手術以外のオプション治療を勧められて高額な料金を請求されてしまった場合は、カウンセリングでの説明内容によっては消費者契約法による契約の取消しができるケースがあります。

 

実際に利用者が裁判を起こして、支払義務がなくなったという判例も存在します。

 

 

 

まとめ

 

真性包茎やカントン包茎で身体に悪影響を及ぶす恐れがある場合は保険適用となり、3〜5万円程度の費用で手術が受けられます。

 

一方の仮性包茎の手術は保険適用外となり、10〜20万円程度の費用がかかります。

 

また、亀頭やペニスを増大させたり、ブツブツを除去するなどのオプションを付けると、さらに高額(30〜100万円)になります。

 

そのため、想定していた金額よりも高額になった場合はカウンセリングを受けた当日に契約を結ばないようにしましょう。

 

 

自宅に帰って冷静になってから契約する(手術を受ける)かどうかを判断するようにして下さい。